犬とサーファーの飼い主が一緒にサーフィンを楽しむことが多い

アメリカでは犬とサーファーの飼い主が一緒にサーフィンを楽しむことが多いのだそうで、よく見かける光景なのかもしれません。

だからなのかアメリカのカリフォルニア州で犬のサーフィン大会が開催されており、数十匹の犬が参加していたのだそうで、どれだけ長くサーフボートに乗っていられるか、姿勢が美しいかで競っていたそうです。

そして審査員が総合的に反対して辞任を決めるのだそうですが、優勝した犬は、低い姿勢でしっかりと綺麗に波乗りをしていたのだそうで、観客からも歓声が上がっていたそうです。

あまり見かけたことがないのですが、日本でも犬とサーファーが一緒にサーフィンを楽しみようなことがあるのかもしれませんが、もしかしたら今後増えてくる可能性もあり得ます。

サーファーが集まる波の良い日本のビーチ等で、普通に人と犬がサーフィンをしている光景が見られるようになったら、もしかしたら今までちょっと違う雰囲気に感じるかもしれません。